専門業者に依頼する|庭木のプロがお庭を美しくする技法|剪定で高さを揃えることが重要

庭木のプロがお庭を美しくする技法|剪定で高さを揃えることが重要

レディ

専門業者に依頼する

園芸用品

木の伐採といっても木の大きさによって難易度が異なり、大きくなればなるほど注意を払わなければならない作業になります。一般に小さな木であれば、ノコギリや斧などを使って切り倒すことも可能ですが、人の背丈の2倍を超えるようになってくると倒す方向などに注意して行う必要があります。また木が大きくなればなるほどノコギリや斧を使って切り倒す作業が非常に重労働になるため、チェーンソーなどの機械を利用するのが一般的です。ノコギリは大きさにもよりますが、ある程度の大きさの木を切るものであれば、2千円から6千円ほどで手に入ります。一方でチェーンソーなども3万円も出せば小型のものが買えます。業者に依頼した場合には庭木程度であれば2、3万円程度で伐採してくれ、切り倒した木の処分も行ってくれます。

木の伐採を業者に依頼する場合においては、注意を払って行ってくれるので安心ですが、個人が行う場合には、十分に注意して行う必要があります。一定の大きさの木だと、基本としては受け口と追い口と呼ばれる切り込みを入れることです。追い口は中心より手前に角度30度から45度程度の切り込みを作り、反対側から追い口と呼ばれる切り込みを中心より手前に向けて切り込むというものです。これにより受け口の方向へ木が倒れますが、このさいに木の重心が異なる場合には、違う方向へ倒れる危険があります。混みあった場所であれば、上手く倒れませんし、また、あらぬ方向に倒れることで物を破壊する恐れがあります。そのためロープを木に括りつけてウィンチなどで引張ながら木の伐採を行う必要があります。しかし、やはり安全に伐採するためにもプロの方に依頼した方が良いと考えられます。

Copyright © 2016 庭木のプロがお庭を美しくする技法|剪定で高さを揃えることが重要 All Rights Reserved.